ローディアの星炎術師

『ローディアの星炎術師』という少女小説の
挿絵を描かせていただきました。

発売元の一迅社文庫アイリスさんのHP
http://www2.ichijinsha.co.jp/iris/

著者である佐槻奏多さんのHP
http://ichinoha.blog.shinobi.jp/



表紙サンプル
ローディアの星炎術師(表紙)



表紙、カラーピンナップ1点、モノクロの挿絵数点を
描きました。


小説の挿絵は初体験です。

いつかやってみたいお仕事だったので
オファーを頂いたとき、内心では

キ━━━━━━(゚∀゚≡゚∀゚)━━━━━━タ!!!!

という按配だったわけですが、そんなメールを出したらおしまいなので
普通にお返事いたしました。

なにせ初体験だったので、おっかなびっくり進めて行きましたが
優しい担当さんのおかげもあり無事完遂できました。

表紙だけでなく、ピンナップやモノクロの挿絵も
かなり入魂で描きましたので、ぜひ書店やアマゾン的なところ
お買い求めいただけますと嬉しいです。

//追記
アマゾン的なところで と書きましたが
いま一迅社アイリス文庫さんのブログを見たら
どうもアニメイトさんと文教堂書店さんで買うと特典がついてくるらしいです。
詳細は一迅社アイリス文庫さんのブログをご参照下さい。



以下ボツ集
にわとり初稿
ボツデザイン。
にわとりのデザインです。
本編でどんなデザインになったのか、ぜひ
見ていただきたいところです。


レイチェル・ボツデザイン
主人公・レイチェルのボツデザイン。
まとまりがなくて、フリルと制服のかっちりした部分を
ただ合体させただけのような。
これを生かすにはもっとアレンジしないと話になりませんね。


ジェイド先生ボツ
ヒーロー・ジェイドのボツデザイン。
①は、なぜか料理人ぽい。
②は、執事とか使用人ぽいですね。
改めて見ると、どちらもあまりキャラを反映してない服装です。
ボツになったのは仕方ないと言えよう。


挿絵レイアウトボツ
本文挿絵のボツです。
こちらはカメラ引きすぎて
キャラが小さくなってしまったのでボツになりました。

私もたいがいアホなのですが、この本文挿絵の段階で
やっと気付いたことがあります。

小説だし文字情報だけだから、挿絵の役目としては
まず世界観を見せるのが基本だろうなーと勝手に思っていたのです。

しかしそうではなく、まずキャラを見せるのが基本だったのです。

そこからかよ!という色々な突っ込みが入りそうですが
ともかくそう思いこんでいたのです。

恐ろしいですね。


なにはともあれ、担当さんの優しい導きのおかげで
無事に良いのが描けました。

そういえばピンナップのレイアウトは一発OKでした。
ピンナップも頑張って描いたのでぜひ見て頂きたいです。
[ 2012/08/20 15:59 ] 挿絵 | |